最新情報

2014年9月16日法律カテゴリー
脊髄損傷の治療法は情報を得にくいから専門サイトをチェックすると良い
2014年8月23日ビジネスカテゴリー
値段が手頃だったのでリフティングマグネットの買い替えができました
2014年7月10日法律カテゴリー
アコム過払いを請求したら翌月にお金が戻ってきた
2014年5月15日健康カテゴリー
加齢臭は科学的に臭いのもとを断ち切るべきですね
2014年5月15日学習カテゴリー
アメリカ留学で重要視したのは安全な町に留学することでした

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

脊髄損傷の治療法は情報を得にくいから専門サイトをチェックすると良い

交通事故や仕事中のケガで脊髄損傷になる人が増えているのに、病気のメカニズムや治療法は、まだ解明がほとんど進んでいないそうですね。

最近話題になっているiPS細胞を使った病気の治療は、ウィルスや細菌が原因の病気なら役に立ちそうだけれど、脊髄損傷は神経が傷つくのが原因だから、まったく違う方向からアプローチしないとだめなのでしょうね。
がんや白血病に対するIPS細胞の研究については耳にするけれど、iPS細胞の研究成果で、神経にダメージを負った人の治療に関する話は聞いたことがありません。
健康な細胞を培養して脊椎の傷んだところを修復できるようになれば、交通事故で体が不自由になった人が、事故の前のように健康な生活を送れるようになるかもしれないから、もっと研究が進むことを期待したいですね。

こういった先進医療に関するニュースは、普段テレビやラジオを視聴しているだけではなかなか耳に入ってこないので、脊髄損傷に関する専門サイトで最新情報をチェックする習慣を持つべきでしょう。
たとえば、交通事故に詳しい弁護士が立ち上げたこちらのサイトは、脊髄損傷に関する幅広い知識が満載なので、アクセスすると今まで知らなかった情報を発見できると思います。

値段が手頃だったのでリフティングマグネットの買い替えができました

工場で使っているリフティングマグネットを買い替えようと思うものの、値段が高いので、つい先延ばしになって、とうとう現場の作業員から、時々エラーが起こるので買い替えてほしいと苦情が来ました。
エラーと言うのは、電源が入らずに何回かオンオフを繰り返すと電源が入るというもので、作業中に突然電源が切れるわけではありません。
しかし、危険なことに代わりはないので、ようやく本気でリフティングマグネットを探し始めました。

私が、出入りしている業者にカタログを頼んでいたら、通りかかった従業員が、ネットショップでもリフティングマグネットを扱っているし、ネットショップの方が安いと言い出しました。
私は、値段が安ければどこで買ってもいいという主義なので、勧めに従ってネットでリフティングマグネットを検索し、リフティングマグネット本舗で手頃な価格の製品を見つけたというわけです。

私が選んだのは2tまでの鋼材を吊り下げられるリフティングマグネットですが、ネットでこれほど安い値段で手に入るとは驚きましたね。
それに加えて、リフティングマグネット本舗の商品説明では、吊り下げられる鋼材の重さの上限、長さの上限などが詳しく載っているので助かりました。
安全に使えなければ意味のない機械ですからね、購入前に、工場で運ぶ鋼材の長さや重さと照らし合わせて、会社で使用するのに適した製品かどうかを正しく判断できました。

リフティングマグネットの紹介は、こちらのサイトで見ることができます。

アコム過払いを請求したら翌月にお金が戻ってきた

アコムは、三菱東京UFJ銀行のグループだけあって過払いの対応がいいですね。
9月1日に弁護士と委任契約を結んで、アコム過払いの返還請求をお願いしたのですが、10月31日に私の口座にお金が振り込まれました。

ネットの情報をざっと流し読みしたのですが、どのサイトも、過払いが振り込まれるまで半年程度かかると書いてありました。
だから、9月にアコム過払いの手続きを始めた時は、お金を受け取れるのは年明けになるだろうと思っていました。

なぜ、こんなに手続きが早く進んだかというと、理由は2つ。
理由の一つめは、委任契約した吉田泰郎法律事務所が、その日のうちにアコムへ受任通知を送ると同時に全取引履歴の開示を求めたので、相談日から過払いの請求手続きが始まったこと。
一日も無駄にしないで手続きを進めることができました。

入金が早かったもう一つの理由は、請求金額の8割で示談が成立したので裁判に時間をかけずに済んだことです。
アコムは、はじめのうちは5割の返還で和解できないかと言ってきたそうですが、弁護士はそんな条件では話にならないと相手にせず、アコムが少しずつ条件を上げてきたそうです。

8割の返還をアコムが提案した時、吉田泰郎法律事務所に「これ以上返還条件を良くしようと思うなら訴訟を起こすしかないがどうしますか?」と聞かれ、早くお金を受け取りたかった私は8割の返還で和解することを希望しました。
その結果、手続き開始から2カ月足らずでアコム過払いが戻ってきたというわけです。

【参考サイト】
アコム過払い請求相談所

加齢臭は科学的に臭いのもとを断ち切るべきですね

■加齢臭が発生する原因がわからない

中年の男性が加齢臭に気が付くのは、ほとんどの場合、家族や身近にいる人から指摘された場合でしょう?

自分では気づかない、やっかいな臭いですよね。

そういう僕も、妻に先日加齢臭を指摘されまして(苦笑)・・でも、へそ曲がりの僕は、はい、そうですか、せいぜい毎日石鹸で体を良く洗います、という優等生の返事はできなかったんです。

だって、なぜ、加齢臭が発生するか原因がわからなければ、石鹸で一時的に臭いを落としても、すぐに臭いが発生するでしょう?

妻なんぞ、抗菌ブリーフ(!)なるものを買ってきて、これを履いてバイキンを減らしてとのたまうんですよ。

そういうたぐいのものを履いても、とても根本的に臭いを消せるとは思えないし、第一、人の体がバイキンだらけだと思い込むなんて、あんまりじゃないですか。

とはいうものの、僕自身が、加齢臭が発生する原因を知らないので、妻に言い返してやるために、勉強を始めました。

 

■体質が変化するから加齢臭が生まれる?

ネットをググっていろいろ調べましたが、一番参考になったのはこちらのサイトです。

おかげで、加齢臭の原因はバイキンが繁殖するからではなく、体質の変化だということがわかりました。

でも、体質改善と一言で言っても、そう簡単に変えることはできませんよね。

あせらずにじっくり取り組むしかないとわかったものの、何から始めて良いのやら・・

とりあえず、何かをしなければという切迫感があって、そのサイトで推奨している無臭物語というサプリメントを取り寄せてみました。

 

■いつの間にか臭いが薄くなって妻にほめられた

無臭物語の良いところは、一日に数回サプリメントを飲むだけでいいという点です。

もし、運動やダイエットを強制されたとしても、長続きしそうにありませんが、サプリメントを飲むくらいのことはできますから。

しかも、最初の1箱を飲み終える頃になると、妻が僕がそばにいても臭いが気にならなくなってきたと言ってくれたんですよ。

抗菌ブリーフですか?もう必要ないので一度も履かずに押入れにしまいました。

アメリカ留学で重要視したのは安全な町に留学することでした

昔からアメリカ留学に憧れていましたが、アメリカは広すぎて、どこに留学したらいいのか決められなくて・・

それに、アメリカは銃社会で、銃の乱射事件とか珍しくないでしょう?

ママとパパが「大事な娘にもしものことがあったら困るから、全寮制のミッションスクールでなければ留学は許可しない」と言うんですが、それだと、修道院に入ったような生活になりそうで・・

 

私としては、ロサンゼルスのパームビーチを散歩したり、サンフランシスコのケーブルカーに乗ったり、あちこち観光もしたいのに・・

でも、お金を出すのはパパだから、私が勝手にアメリカ留学をする学校を選ぶことはできません。

だから、どのようにして留学する学校を決めるかをこちらのサイトで調べました。

 

大都市は、日用品などが手に入りやすく、たくさんの人と交流できて刺激が多いけれど、治安の問題がある、地方都市は、退屈する可能性があることや、少ない日本人同士で固まって、地元に溶け込めずに留学を終える人がいるといったことを知りました。

 

パパとママに、そのサイトの説明を印刷して見せたら、「全米で一番安全な都市だったら留学を許す」と言ってくれました、

2013年に全米で安全な都市ランキング1位になったのは、カリフォルニア州アーバイン。

カリフォルニアの都市は、トップ10に3つも入っているから、かなり安全みたい。

ということで、私は、カリフォルニアの語学学校に短期留学することになりました ヤッタネ♪

 

アメリカ留学については、アメリカ留学裏情報が参考になります。

 

参考

http://www.worldpropertychannel.jp/north-america-residential-news/top-10-safest-us-cities-irvine-california-americas-safest-cities-us-cities-with-highest-crimes-394.php

アコム過払いの計算に必要な取引履歴を請求したわずか1週間で届いた

アコムは、事務手続きが迅速なので、とても好感が持てます。

消費者金融というと、どうしても違法行為スレスレのことをやっているんじゃないか?とか疑ってかかりたくなりませんか?

 

でも、アコムは三菱東京UFJ銀行のグループ会社になったので、クリーンなイメージづくりに一生懸命になっているみたいですよ。

 

まず、僕がアコム過払いの請求をしようと思いついて電話をした時、電話に出た女性がすごく感じが良かったのでほっとしました。

過去に取引をしていた消費者金融に電話をするって、すごく勇気が要るんですよ。

ガチガチに緊張して電話をしたら、懇切丁寧に説明をしてくれたので、緊張がほぐれてリラックスして要件を伝えることができました。

 

しかも、電話をしてから1週間で、取引履歴が送られてきたんですよ。

ネットで、過払いの体験談を拾い読みしていると、中には取引履歴の開示だけで2カ月かかる消費者金融もあるそうですね。

1週間で取引履歴を開示するというのは、消費者金融の中でも最速の部類みたいです。

それを教えてもらったのは、アコム過払いの手続きを依頼した吉田泰郎法律事務所の弁護士です。

そうそう、僕は取引履歴だけ自分で請求して、その資料を弁護士に渡して後の手続きは任せるというシナリオを描いていたんです。

そうすれば、弁護士と契約したらすぐに過払いの金額がわかるので合理的だと考えたからです。

吉田泰郎法律事務所から、アコム過払いが70万円発生しているという回答があったのが、仕事を頼んでから3日後。

アコムの対応が素早く、吉田泰郎法律事務所はそれに輪をかけてテキパキと手続き。

こんなに早くアコム過払いが返ってくるとは思っていなかったため、何もかもがうれしい驚きの連続でした。

 

アコム過払いに関して、こちらのサイトが参考になります。

日中トイレが近いのがノコギリヤシを飲んで改善されました

(48歳男性・会社員)

■外回りでトイレ探しが悩みの種に

信用金庫で外交をしています。

集金や新しい証書を届けたりと、お得意先をこまめに回って長年に渡って信頼関係を築いてきました。

しかし、ここのところ、仕事に新たな悩みが加わりました。

それは、トイレが近くて、お得意先を廻りながらうどこのトイレに入ろうかと気になって、仕事に集中できないことです。

毎回、訪問先のトイレを使うのも気が引けるし、田舎なのでコンビニもあまりないんです。

冷えたからとか、水を飲み過ぎたからというわけでなく、トイレに行っても出切った感じがしないんですよね。

この辛さは、男性でなければ分からないかもしれません。

 

■病院に行けと妻は言うが

妻に、日中トイレが近くて困っているという話をしたら、それなら泌尿器科に行けば良いとそっけない態度。

でも、私は昔から医者嫌いの上、泌尿器科で手術など勧められてはたまりません。

だから、病院に頼らず、健康食品を試してみることにしました。

 

■期待しないで飲み始めたサプリメントだったが

私が試したのは、爽快生活というノコギリヤシのサプリメントですが、はじめから効果に期待をかけていたわけではないんです。

手軽に試せる値段だったことと、送料無料というのが、爽快生活を選んだ理由で、効果がなければ他を試せばいいさ・・くらいの気持ちで注文したというのが本当のところです。

 

でも、最初の一袋を1カ月で飲み切った頃、トイレの間隔が遠のいたことを実感しました。

昼間、外回りを1件終えると、トイレに行ってから次の訪問先に向かっていたのですが、爽快生活を飲むようになってから、トイレに立ちよらずに2件続けてお得意先を回れるようになったんです。

ノコギリヤシという植物は日本で馴染みがないので、注文する時は半信半疑でしたが、これほどはっきり効果を実感できるとは驚きました。

定年を迎えるまで、ノコギリヤシを飲みつつ、今の仕事を頑張って続けていくつもりです。

 

ノコギリヤシについては、こちらのサイトが参考になりました。

CFJ過払いは利率が違うと一連取引にならない?

消費者金融と長く取引をしていると、時には市中金利が変わったことが影響して消費者金融の方から貸出利息を下げてくれることがあるのを知っていますか?

もちろん、逆に利息が上がることもあるわけですが、いずれにせよ、新規の借入で以前より利息が安いことは、僕が消費者金融ディックと取引をしていた頃もたびたびありました。

 

おっ、利息が0.3%安くなった、ラッキー!などと思いながら新たにキャッシングをしたこともありましたっけ。

でも、そのわずかな利息の差が、ディックを吸収合併したCFJにCFJ過払いとして請求する際に問題になるとは思いもよりませんでした。

 

CFJによれば、異なる利息による借入は、まったく新しい契約とみなされるというのです。

僕からしてみれば、借りては返しを繰り返している間に、たまたま少し利息が変動しただけで新規契約とみなすなんておかしいと思うのですが。

 

でも、CFJは一歩もゆずらず、利息が異なる契約はすべて新規の取引とみなすことで僕にはCFJ過払いがほとんど発生していないと言ってきました。

 

僕が初回取引から最後の取引までを一つの取引として計算したところ、過払いが68万円あったので、CFJと意見が真二つに分かれたことになります。

 

その後も、CFJは意見をひるがえそうとしないので困りましたが、弁護士の無料相談にでかけて資料を見せたところ、僕の取引は一連として計算できると言われほっとしました。

 

その後は、弁護士が取引の一連性を主張して無事、CFJ過払いはこちらの請求通り支払われました。

取引の途中で利息が変わってCFJ過払いを請求する人は要注意ですね。

 

【参考サイト】

弁護士が答える CFJ過払い請求 相談室

20代で加齢臭が発生してショックでしたが無臭物語で臭い対策をしました

加齢臭はオヤジ世代にならなければ発生しないものだと思っていました。

イメージ的には50代の父親の脂ぎったにおい、といったところでしょうか?

僕は29歳、まだ20代ですから加齢臭なんてまだ何十年のことだと思っていました。

まあ、普通は誰でも加齢臭のことで悩み始めるのは壮年期になってからでしょう?

ところが、僕の場合はなんと20代で加齢臭が発生したのです!

加齢臭は、年を取ったので自然に発生するというものではないのですね。

僕は、デート中に彼女から「ねえ、昨日お風呂に入らなかったの?なんだか臭うんだけれど」と言われて、初めて加齢臭に気付きました。

お風呂は毎晩入っているし、下着だって毎日取り替えています。

それなのに体が臭うということは、清潔にしていたからといって消えるものではないのですね。

何かの病気かもしれないと不安になってインターネットで調べると、加齢臭は体内で化学物質が変化してイヤな臭いのもとが出来るので、お風呂で汗を洗い流すだけでは消えないということがわかりまずは一安心。

その後、加齢臭に効果があるという無臭物語を購入して飲み始めました。

無臭物語ってサプリメントで、一日数回飲むだけなのですが、次に彼女と会った時は臭いについて何も言われなかったので効果はバッチリでした。

女性は臭いに敏感なので、モテようと思ったら臭い対策しないと嫌われてしまいますよね。

脊髄損傷の障害等級認定は診断書がカギを握るので専門家の助言が不可欠

交通事故で首や背骨を強く打つと、背骨の中を通っている脊椎という太い神経の束に傷が付いて脊髄損傷を発症することが良くあります。

一口に脊髄損傷と言っても症状は本当に様々で、他のケガと違って傷ついた場所によって症状が出る箇所が違うという複雑な病気です。

私たちが背骨というと、普通は背中の部分しか意識しないけれど、脊髄損傷の原因になる脊椎は、首から骨盤の近くまでまっすぐ通っているので、首や腰を強打することも、脊髄損傷の原因になります。

頭に近い部分を打つほど症状が重くなると知ると、自転車やバイクに乗る時のヘルメットは大事だなぁと改めて思います。

 

不幸にして交通事故で脊髄損傷を発症した場合、後遺障害等級の認定申請をして、その等級をもとに損害賠償請求の話し合いをします。

だから、後遺障害等級はスゴク大事な問題なのですが、なぜか障害等級の審査は書類だけで、障害を負った人に直接会うことはありません。

だから、希望通りの障害等級を認定してもらおうと思ったら、念には念を入れて後遺障害診断書を準備しないといけないわけです。

ここのところを軽く考えて、「これだけ重い症状が現れているのだから、絶対にこちらの申請通りに障害等級を認めてもらえる」などと思い込むとあとでしっぺ返しが来ます。

なにしろ、書類だけで審査するのですから、医師が用意した診断書や書類に説得力がなかったら、障害等級が下がるのも無理ありません。

交通事故の被害者となって脊髄損傷を発症したので後遺障害等級を申請する場合は、どのように書類を整えたら良いか、交通事故に詳しい弁護士と相談しながら念には念を入れて準備するのが、後で後悔せずに済む秘訣だと思います。

「40歳からのローヤルゼリー」は、美容効果が最も期待できるサプリメントです。

私は、20代後半からエステに通ったり、1本1万円以上する美容液を使ったりと、美肌キープに時間をお金をかけてきましたが、アラフォーと呼ばれる年代に突入してから、どうもお肌の調子が悪いんです。

口元のほうれい線が目立ってきたし、首筋の皮膚に張りがないのも気になります。

この年になると、コスメだけでは美肌を維持するのはむずかしいのかな?と不安になってきました。

 

そこで、他のことは節約しても化粧品だけはお金をかけようと、5万円の美容クリームを買って試してみたのですが、お肌の調子はあいかわらず、鏡を見るのも憂鬱な毎日でした。

コスメって、高い方が即効性があることを期待するじゃないですか?

こんなに投資しても美容に効果が感じられないということは、化粧品にお肌の若返りを期待する方が無理ってこと?

その頃、久しぶりに同級生にあったのですが、同い年なのにとても若く見えるのです。

なにより、お肌がみずみずしくてうらやましく思いました。

何か特別なことをしているの?とたずねたら、「特に何もしていないよ!コスメはドラッグストアで買ってるヨ!ただし、ローヤルゼリーは欠かさずに飲んでるけれどね!」という返事でした。

 

何それ?教えて!と友達に頼んで、彼女が飲んでいる40歳からのローヤルゼリーというサプリメントをすぐ注文しました。

ローヤルゼリーが美容に良いと言われるわけも、メーカーのサイトに詳しく解説してあるので納得して購入することができました。

 

ローヤルゼリーは不老不死の薬と思っていたのですが、実は美容に良いと言われる成分がいっぱい含まれているのですね。

何万円もするクリームや乳液を使うよりずっと安く済むので、お財布に相談しなくても40歳からのローヤルゼリーを飲む習慣は続けて行けそうです。

脊髄損傷になったら十分賠償金を受け取ることを優先するべきだと思います

交通事故で脊髄を傷めて脊髄損傷と診断され、手術を受けることになりました。

交通事故の後、ずっと入院したままで、両足に麻痺があるので、車椅子を使用しないと移動できなくなりました。

入院費や手術費は保険会社が払う予定ですが、保険会社からは、本当に必要な手術なのかと嫌みを言われるし、いずれ退院したら、その後の生活費はどうやって工面すればいいかと思うと、絶望的な気持ちになりました。

 

脊髄損傷になった人が一番悩むのはお金の問題だと思います。

症状が一生そのままなのか、それともリハビリによって回復するのか、脊髄損傷に関する研究はまだ十分ではありません。

それに、外見からは、脊髄損傷だとわからないという点も、世間から理解を得にくいと思います。

 

僕も、かわいがっていた姪っ子が交通事故で脊髄損傷になるまで、そんなことは考えたことはなかったし、車椅子に触れたこともありませんでした。

それが、今では、車椅子を押して道を歩きならが、歩道と車道に段差があるとブツブツ文句を言うようになったのですから、やはり自分の身に災いがふりかからないと、障害者の苦労はわからないと思います。

たとえば、車椅子の購入にしても、手動か電動かで値段が大きく違いますし、自分で車を運転したい人は、車に運転補助機能を付けて、体が不自由でも運転したいと思います。

玄関先に階段があれば、たとえ1段でも車椅子での出入りは無理ですし、2階建ての家に住んでいたら、足が不自由だと2階に上がっていくのも大変ですよね。

 

ともかく、お金が十分なければ、いくら頑張っても脊髄損傷になった人の介護をするには限界を感じるでしょうね。

交通事故で脊髄損傷になったら、保険会社と納得のいくまで話し合って、十分な賠償金を受け取るように努力するべきだと思います。

脊髄損傷については、このサイトに詳しくまとまっています。

脊髄損傷のため背骨に埋めたボルトが痛むので慰謝料を十分払ってほしいと思いました

交通事故で脊椎を傷めて体に麻痺が起きて苦しんでいます。

傷病名は脊髄損傷、体を支える背骨の一部が砕けてしまったので、神経系統に影響が出て左半身の感覚を失いました。

それに加えて、脊椎が砕けたために、背骨の骨と骨を支えている椎間板がなくなってしまいました。

そのため、ボルトを使って背骨の固定手術を行ったのです。

 

ところが、このボルトが痛むのです。

ボルトを取れば背骨を支えられないし、ボルトがあるためにあおむけに寝ると背中側に激痛が走ります。

 

脊髄損傷になると、寝返りさえ打つことができないこの苦しみを、加害者は理解しているのでしょうか?

 

私は、背骨を傷めたケガに対する損害賠償だけでなく、ずっと続くこの痛みに対する慰謝料も払ってほしいと思いました。

そのためには、自分の症状を客観的に説明して保険会社に理解してもらわなければなりません。

でも、被害者本人は、どうしても感情的になりがちで、うまく自分の苦しみを説明できません。

だから、私は弁護士を代理人に指名して、保険会社との交渉を任せました。

おかげで、最初に保険会社が提示してきた慰謝料より300万円高い金額で賠償金について和解することができました。

背中の痛みは今でも続いています。

今後は、受け取った賠償金を治療に役立てたいと思います。

 

交通事故による脊髄損傷に関して、こちらのサイトが参考になりました。

 

賠償金を十分受け取ったおかげで費用の心配をしないで手術を受けられます

脊髄損傷は、その名の通り、脊髄に傷がつくケガのことで、脊髄というのは背骨の中を通っている太い神経です。

だから、脊髄損傷になったということは、神経と背骨の両方にダメージを負った状態なんです。

 

背骨にケガをして脊髄損傷になると大変ですよ!

人間の臓器で一番重いのは脳だとういことを知っていますか?

脳、つまり頭を支えているのは体の中心を通っている背骨でしょう?

だから、背骨を傷付けると、直立姿勢はおろか、歩くこともできないし、ともかくこの肉体を洋服のように脱いでしまいたい!と思うくらいありとあらゆる苦しみを味わうんです。

 

もちろん、医者はできるだけ痛みを軽くしようと治療をしてくれます。

私の場合は、背骨を支えるためにボルトを埋め込みました。

たしかに、ボルトのおかげで真っ直ぐ立つことができるようになりました。

でも、体の右方向にボルトを打ち込んだので、そちら側を下に寝ることができなくなったんです。

ふとんにボルトが当たると痛くてたまらないんですよ。

就寝中に寝返りをして、痛くて目が覚めることもしょっちゅうです。

 

現在、ボルトを抜く抜釘手術をしようかと考えています。

あらたに手術をすれば、当然お金がかかりますが、すでに損害賠償については保険会社と和解してお金を受け取っています。

話し合いの当初から弁護士に任せていたおかげで、想像していた以上の賠償金を受け取ることができました。

おかげで抜釘手術の費用についても、心配不要、障害のある身にとって、頼りになるのは何と言ってもお金ではないでしょうか?

 

このページの先頭へ